自立準備ホーム

 自立準備ホームは更生保護の関連施設で、仮釈放や更生緊急保護の対象者を受け入れる民間施設です。保護観察所に登録されたNPO法人や社会福祉法人等が、保護観察所の依頼を受けて生活場所等を提供します。更生保護施設は公表されていますが、自立準備ホームは公表されていません。登録形式ですので、結構たくさんありますし、ダルクやマックのような依存症関連の団体も登録しています。

  平成23年度から開始された「緊急的住居確保・自立支援対策」に基づいた施設で、NPO法人等が管理する施設の空きベッド等を活用するものです。あらかじめ保護観察所に登録しておき、保護が必要なケースについて、保護観察所から事業者に対して宿泊場所、食事の提供と共に、毎日の生活指導等を委託するものです。

 基本的には、施設や団体ごとに生活を送るうえでのルールが決められているところは更生保護施設とは変わらないと保護局のパンフレットにありますが、アパート形式が多く、更生保護施設と異なり夜間の管理などがないところが多いようです。といっても、申請は保護観察所に行います。保護観察所が支援を申し出た人の様子と施設の状況を判断して決めます。あの施設がいいとか、この施設は嫌だとか、希望を出せるものではありません。また、込み具合やその他の状況で入所できないこともあるようです。

 更生緊急保護の場合は、不起訴や執行猶予での申し込みも多くなります。いずれも、検察官から保護カードを発行してもらい保護観察所に申請します。支援者は利用したい人の状況(生活支援のこととか)を、保護観察所にしっかり伝えるといいとおもいます。